敏感肌でも使えるファンデーションならこちら♪

 敏感肌でも使えるファンデーションをお探しの方へ

敏感肌の方は使うことのできるファンデーションが限定されて大変ですよね。

このサイトではそんな敏感肌さんでも安心な

  • お肌に優しい
  • 負担の少ない
  • カバー力のある

ファンデーションを厳選して紹介しています。

実際に自分で購入してすべてのファンデーションを使うのはとても大変です。
そんな方のために敏感肌の管理人が実際に使って良かったファンデーションを紹介しています。

  • どんなテクスチャーなの?
  • 仕上がりはどうなるの?
  • 実際に安心して使うことができるの?

こういった不安に対して管理人がしっかり体験レビューしていきます!
ファンデーション選びにお悩みの敏感肌さんの参考になれば幸いです。

実際に使って良かったファンデーションランキング♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売された薬用クリアエステヴェール。

薬用クリアエステヴェールは50種類の美容成分の入ったリキッドファンデーションです。
さらに美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっている人気商品。

SPF35、PA+++とUVケアもしっかりとできる薬用クリアエステヴェール。
敏感肌でもうるおいやカバー力が欲しい方におすすめです。


etvoss

 毛穴をしっかりカバー♪

毛穴をしっかりカバーしてくれるエトヴォスミネラルファンデーション。

エトヴォスミネラルファンデーションはふんわりとしたキレイな仕上がりに定評があり、美容皮膚科でも採用されているため敏感肌さんでも安心です♪

きれいな仕上がりを求める敏感肌さんにおすすめです♪


laudirk

 BBとCCのいいとこどり♪

「お肌に優しいBBクリーム」と「キレイな仕上がりになるCCクリーム」。
2つの特徴を持ったラウディBB&CCクリーム。

  • 乳液
  • 美容液
  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • クリーム
  • ファンデーション

と一つで7役をこなす機能的なファンデーションです。

高機能なファンデーションを求める敏感肌さんにおすすめです♪

NO4x1029
touvert

 @コスメで高評価♪

@cosmeランキングパウダーファンデーション部門第1位の実績のあるトゥヴェールミネラルパウダリーファンデーション。

初心者さんでも使いやすいプレストパウダーで、保湿成分のヒアルロン酸から美白成分のビタミンC誘導体など17種類の美容成分が入ったファンデーションです。

下地不要で忙しい敏感肌さんでも短時間でメイクができます。


reichelrank

 豊富なカラーバリエーション♪

日本人のお肌に合うよう開発されたレイチェルワイン。
カラーバリエーション豊富なミネラルファンデーションで、優しい仕上がりになるだけでなく、カバー力も高いのが特徴です。

「きれいな仕上がり」と「カバー力」が求める敏感肌さんにピッタリ!

NO5x1119
ayanasubbc

 カバー力抜群のBBクリーム♪

ゆらぎやすい敏感肌の方向けに開発された敏感肌専用BBクリーム。

アヤナスBBクリームは有名化粧品メーカーPOLAの敏感肌専用ブランドディセンシアの商品。

お肌に優しいだけでなく、カバー力はもちろん、しっとり感も十分に感じられるファンデーションです。

NO6x0210
P1050748

 美容液から生まれたファンデーション♪

美容液がベースになっているリソウミネラルリキッドファンデーション。

美容液成分が配合されているため、高い保湿力が一番の特徴です。
さらにカバー力や仕上がりも高い機能的なリキッドファンデーションです。

乾燥が気になる敏感肌さんにおすすめです。

harusm

敏感肌の方が自分に合ったファンデーションを選ぶためどのようなことが重要でしょうか?
何より大切なことは次の2つ。

・自分の肌質
・自分に合ったファンデーションのタイプ
・敏感肌に合わないものはどれか?

自分の肌質は自覚しているより違うことが多く客観的に調べることも大切。
特に敏感肌の方はインナードライになっている場合もあるので特に重要です。

また、季節の変わり目だけ敏感肌になる方も注意が必要です。
お肌の状態が不安定だな・・・。そう思ったらまずは敏感肌にあった化粧品選びをすることが大切でしょう。

パウダーよりも敏感肌の負担となりえるリキッドタイプ。

最近ではリキッドタイプでも負担の少ないものが開発されています。
そのため、敏感肌専用のリキッドを選ぶのも一つです。

リキッドタイプは保湿性に優れているため、乾燥肌の方に合います。
そして、敏感肌の方は同時に乾燥肌でもあることが多いため、敏感肌の方にもおすすめできます。

反対に保湿性がリキッドよりも控えめなパウダー。

パウダーは負担が少なく、敏感肌さんにピッタリなファンデーション。
さらに中には保湿成分を含むものもあるため、普段使いとして十分保湿力があるでしょう。

パウダー、リキッドと並び有名なクリームタイプ。
このタイプは負担が一番大きいと言われています。
そのため敏感肌の方は避けたほうがよいでしょう。

もし、カバー力や保湿力が欲しいときは優しい化粧下地にパウダーを重ねるようにしましょう。

使える化粧品が限られる敏感肌。

それでも工夫や正しい知識を持つことでメイクの幅を広げることができます。
敏感肌だからこそ、お化粧を楽しむ気持ちを持つことが大切です。